【仙台市宮城野区】41年分の御礼を伝える初代店主の閉店告知に感動の声多数。笑顔で見送ろう。 カツ丼人気店の苦竹本店は2023年7月で閉店となります

悲しいお知らせが届きました。宮城野区苦竹にあるカツ丼の人気店「しぶき亭苦竹本店」さんが閉店を予定しているとのこと…。

苦竹本店外観

国道45号線沿い、ランドマークとしても目立っていた青い看板。仙台市の「カツ丼の美味しいお店」として幾度もメディアにも取り上げられていたお店です。

初代店主からの閉店告知

初代店主さんからの温かい閉店の告知メッセージは店内に貼ってありました。

この度、突然ではございますが、来年2023年7月末を持ちまして、定期借家地権満了に伴い、しぶき亭苦竹本店を閉店することとなりましたので、ご報告致します。40年以上、このお店で過ごしてきたので、本当に寂しい気持ちもありますが、どうぞ笑顔で見送っていただけますと幸いです。尚、「しぶき亭東口本店」は、継続して営業して参ります。

41年分の御礼を伝える期間を設けたく、このように早いご報告となりました。どうぞ、皆様にお目にかかり、心からの御礼をお伝えできればと願っております。初代店主

2023年7月末をもっての閉店、理由は定期借家地権の満了に伴う閉店とのこと。少し早いタイミングでの告知となったのは、お客様に対して初代店主さんが温かい感謝の気持ちを時間をかけて伝えたかったからなんですね…。

こちらこそ、いつも美味しいカツ丼をありがとうございます。

苦竹本店店内

ランチ時間以外であっても、いつも混み合っていた「しぶき亭苦竹本店」さん。

ここからは、閉店までの残された時間を皆さんが笑顔で見送ることができるように、しぶき亭苦竹本店さんの紹介をさせていただきたいと思います。

おしながき1

メニューは安定と信頼のかつ丼以外にも、親子丼や焼肉系のメニューもあります。そして忘れていけないのが、らーめん。らーめんだけを食べに来る人もいるという隠れた人気メニューなんです。

ミニカツ丼とミニラーメンセット

こちらは私が注文したミニカツ丼とミニラーメンのセット。

ミニカツ丼

もちろん、カツ丼の人気店しぶき亭さんですから、カツ丼はミニであっても安定の美味しさ。

ミニかつ丼断面

カツは分厚くても柔らかジューシー。ふわトロでもしっかりとコクを感じられる卵。そんなカツと卵を繋いでくれるのは、甘じょっぱくも風味豊かなタレ。熱々を一心不乱にハフハフとかきこむと幸せな気持ちになるカツ丼です。

ミニラーメン

そしてこちらが隠れた人気メニューらーめんのミニ。

あっさり系に見えますが、動物系の力強い味を感じるスープ。そして、そんな美味しいスープを連れてきてくれる細ちじれ麺。動物系の味を感じるからなのでしょうか、このらーめん、カツ丼にとても合うんです。さすがカツ丼のしぶき亭さんが作るらーめん! シンプルなラーメンを食べたい時にもピッタリ。

おしながき2

他にも、宮城のブランド豚「32℃豚」を使用した贅沢なメニューや

おしながき3

おしながき4

限定メニューから、ただでさえ美味しいカツ丼にチーズをトッピングしたメニューもあります。

苦竹本店看板

そんな「しぶき亭苦竹本店」さんの営業は2023年の7月末まで。皆さん! 残された時間、苦竹本店さんの41年の歴史や店内の雰囲気も楽しみながら、美味しいカツ丼を食べましょう!

しぶき亭苦竹本店はこちら↓

系列店のしぶき亭東口本店はこちら↓

2022/12/29 07:45 2022/12/29 08:42
長谷川 誠

号外NETメルマガ

号外NETゲームポータル

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

ジモネタ宮城野区

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集